06e87f6ff8227281b6d217e1b01ac216
【京都府】のごはん日記

【海の京都】サワラ

2017/11/22 10:30 昼ごはん 晩ごはん お買い物

 世界有数の観光地を有する京都府において、サワラが日本でも漁獲量トップクラスであることをご存じでしょうか。

 サワラは15年ほど前まで京都府ではほとんど漁獲されていませんでしたが、近年は日本一、二を争うほどに漁獲量が増加し、京都府を代表する魚となっています。

★いわれ

 サワラは、口が大きくスマートな体形をしたサバ科の魚です。魚へんに春と書いて鰆(サワラ)ですが、これは春の産卵時期に瀬戸内海で多く漁獲されたことに由来しています。

 京都府では秋~冬にかけてたくさん漁獲され、45cmくらいまでを「やなぎ」、45~55cmを「さごし」、それより大きいものを「さわら」と呼んでいます。

★特徴

 サワラは鮮度や取扱が悪いとすぐに身が裂けてしまいますが、状態の良い魚を使えば、しっとりとしてうまみが強い刺身を堪能することができます。

 また、淡白でやわらかな身質なため、シンプルに塩焼きでも美味しく食べることができます。

☆高品質なサワラ「京鰆」

 京都府では、大型のサワラについて、漁獲の段階から市場に至るまで、身割れや鮮度低下を防ぐための品質管理を徹底しているほか、脂質の高い個体を選別することで、高品質で高鮮度なサワラの出荷を実現しています。

 これらは「京鰆(きょうさわら)」のブランドで、京都府のプライドフィッシュにも選定されています。

☆全国初!サワラを使っただし「京さわらの旨味だし」

 京都府では、小型サワラの有効利用のため、府内漁業者や加工業者とタッグを組み、全国初のサワラだしを開発、販売をはじめました。うまみや甘みが強く、上品な味わいのだしに仕上がっています。

 京都府オンリーワンの商品として、国内販売のみならず、海外にも輸出されています。


http://www.pref.kyoto.jp/suiji/12400028.html
http://www.pref.kyoto.jp/kaiyo/watch.html


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください