06e87f6ff8227281b6d217e1b01ac216
【京都府】のごはん日記

【森の京都】丹波マツタケ

2018/10/05 10:30 昼ごはん 晩ごはん お弁当


★特徴

 秋も深まり、朝晩が涼しくなってくるとマツタケが地面から顔を出す季節です。マツタケはその香りの良さから、秋の味覚を代表するキノコとして広く親しまれています。中でも京都の丹波マツタケは大きくて香りが良いとされており、全国ブランドとして高い評価を得ています。

 マツタケは人工栽培ができず、自然に発生するものを収穫することしかできないため、その年の収穫量は気象条件等に大きく影響を受けて変動してしまいます。近年、里山環境の変化(マツ山の落葉・落枝の増加)やマツタケ山の減少、9月下旬から10月の気温が高めに推移するなどの影響で収穫量は減少傾向にあり、なかなか入手が難しくなってきていますが、丹波マツタケの香りに包まれ、深まりゆく秋を感じてみるのも格別だと思います。

★山地・旬

 収穫時期は9月下旬から10月下旬、主な産地は、京都市、亀岡市、京丹波町、南丹市、綾部市、福知山市となっています。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください