06e87f6ff8227281b6d217e1b01ac216
【京都府】のごはん日記

【京の花果物語】夏越の大祓に京都のスイカやメロンをどうぞ!

2018/06/29 10:30 くらし

 京の花果物語おもてなしネットワークでは、京都の伝統・文化を支えている花や果物の情報を発信しています。 

   今回は、6月30日に行われる夏越(なごし)の大祓で甜瓜(甘い瓜)を食べていた風習をお知らせします。 

   当時食べられていた瓜は残っていませんが、現在、府内には丹後地域を中心にスイカやメロンが盛んに栽培されています。 

   これから暑くなる季節を迎えますが、よく冷えた府内産のスイカやメロンをご賞味いただき、涼を感じてみてください。

★いわれ 

   6月と12月の末日には、半年の厄を祓い次の半年を無病息災で過ごせるように祈願する行事「大祓」が行われます。

   6月に行われる「大祓」を「夏越の祓」と呼び、寺社では,厄除けの呪力があるといわれる茅(ちがや)で作られた大きな輪が飾られ、この輪をくぐることによって、これからの半年間の無病息災を祈願します。 

   京都市内ではこの日に、ういろうに小豆をのせ、氷を形どった「水無月」というお菓子を食べることが良く知られていますが、江戸時代には甘味のある瓜も食べたといわれています。(この瓜は東寺近辺でよく作られていたようです。)

 これは、盆地で非常に蒸し暑い京都に住む人々が、涼をとるために瓜を冷やして食べていたと考えられており、非常に興味深いことでもあります。

★産地・旬 

   京丹後市の海沿いの砂丘地域や国営開発農地においてスイカやメロンが盛んに栽培されています。 

   ブランド産品である「京たんごメロン」をはじめ、さまざまな商品が6月中旬~8月中旬くらいまで京丹後市各地の直売所や、京都市内で販売されています。

https://www.facebook.com/kyonohanakudamonogatari/
https://kyoto.cookpad-blog.jp/articles/252982


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください