06e87f6ff8227281b6d217e1b01ac216
【京都府】のごはん日記

道の駅 瑞穂の里さらびき へ行ってみた!

2020/02/17 10:30 イベント お買い物 旅行・お出かけ

<ここがイチ推し!>

・京丹波の食材を贅沢に使ったおいしいものがいろいろ揃っています!丹波くり、丹波黒大豆、大納言小豆を使った和スイーツはもちろん、地名を冠した「瑞穂そば」、「さらびき茶」などのご当地食も楽しめます。

・「ホッケーのまち京丹波」を気軽に体感できます!道の駅の入り口にホッケーの「ミニフィールド」があり、プラスティック製のスティックやボールを使ったホッケー体験ができます(予約不要、無料です)。

<行ってみた!>

・京都縦貫自動車道の京丹波みずほICから国道173号線沿いに数分走ると、道の駅瑞穂の里さらびきに到着。兵庫県篠山市や大阪方面からのアクセスが良く、京都府外から訪れる方も多いそう。

・とれとれ新鮮野菜市には、野菜や米はもちろん、しいたけ、大粒丹波しめじ、大黒本しめじなど、京丹波町特産のキノコもそろっています。


・こちらの道の駅のおすすめは、何と言っても「瑞穂そば」。店内の軽食コーナーでは、京丹波町産のそばを町内でそば粉にし、道の駅のスタッフが手打ちした「十割そば」が食べられます。

・写真は自然薯の「山かけそば」。京丹波町産の自然薯を手作業ですりおろした「とろろ」が滋味深いです。たまごも近所の養鶏場で育てられたものです。


・おみやげには、京丹波特産の「丹波くり」「丹波黒大豆」「大納言小豆」を気軽に味わえる、「京丹波もえぎ」の和菓子がおすすめ。

・定番の「栗蒸しようかん」は、甘さ控えめで、丹波くりの渋皮煮が贅沢に丸ごとゴロゴロと入っています。姉妹品の「黒豆栗蒸しようかん」は、小豆の代わりに黒豆がたっぷり使用されており、もっちりとした黒豆の食感や風味が堪能できる、豆好きにはたまらない一品です。


・珍しい商品はほかにもあります。「さらびき茶」は、農薬を使わないで育てた京丹波町産の茶葉だけで作った煎茶と和紅茶。地域で長い間受け継がれてきた在来種100%を用い、どこかなつかしい味わいです。写真は、ゆず入りの「ゆず煎茶」と「ゆず和紅茶」。ホッと一息入れたい時に、パッケージもかわいくておみやげにもピッタリです。


・道の駅は、総合レジャー施設「グリーンランドみずほ」の入り口にあり、家族やグループで利用できるコテージやホッケー場、テニスコートなどが隣接しています。

・3月15日(日)には、グリーンランドみずほのホッケーグラウンドで「スウィーツホッケーフェスティバル」が行われます。ホッケーを楽しみながら、特製オリジナルスウィーツが食べられる、という欲張りなイベントです。http://www.town.kyotamba.kyoto.jp/0000005904.html

・初心者の方も安心して参加できるそうなので、ホッケー体験してみたい! なまった身体を動かしたい! 特製のお菓子を食べたい! そんな方はぜひご参加ください!


<施設プロフィール>

・住  所  京都府船井郡京丹波町大朴休石10-1

・電話番号  0771-88-9350

・営業時間 ※夏期に時間延長、冬期に時間短縮の場合あり

       売 店 :9:00~18:00 

       軽食コーナー:平日 10:30~16:30 土日祝 10:00〜17:00

・定 休 日  第2・第4木曜日(8月、10月は休まず営業)、年末年始

・HP    http://www.greenlandmizuho.co.jp/

<留意事項>

   季節、天候等の都合により内容・価格などが左右されることがあります。お訪ねの際は各施設へ直接お問い合わせください。

























クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください