06e87f6ff8227281b6d217e1b01ac216
【京都府】のごはん日記

【京のブランド産品】京都府産丹波大納言小豆

2020/12/06 00:00 くらし

 今回は京のブランド産品【京都府産丹波大納言小豆】をご紹介します。 

 小豆はお祭りや祝い事の際に供される赤飯には欠かせませんが、これは、小豆の赤い色に魔除けの意味を持たせたという説があり、その名残として今日まで続く風習となっています。

 また、京都では、茶道等の文化とも結びつき、四季折々のお菓子の素材として独特の香りや風味を持つことから、和菓子の原料として大変重宝されています。

 近年では、粒の大きさを生かしてケーキなどの洋菓子にも利用されることも多くなっています。


★いわれ 

 小豆は東洋が原産とされ、中国大陸から伝来したとされており、「日本書記」(720年)に記述が見られることから、8世紀頃にはすでに日本国内で広く栽培されていたと考えられます。

  都として栄えた京都では、丹波地方で、大粒で、香りが良く、煮ても煮崩れ(腹切れ)しない小豆が選抜されてきました。

 「大納言」とは、切腹することがない官位の大納言、また大納言の烏帽子の形 状に由来し、大粒・良質を表現して名付けられたといわれています。


★特徴

 大粒で、煮ると香りがよく、煮崩れ(腹切れ)しにくいことが特徴です。

 京都では、ほとんどが赤色・大粒の大納言小豆で、産地によっては粒の形に特徴のあるもの(俵型・烏帽子型)も作られていますが、総称して丹波大納言小豆と呼んでいます。


★産地  

 主な産地は、南丹、中丹、丹後地域の各市町などです。

 皆さんもぜひ、香り豊かな京都府産丹波大納言小豆をお召し上がりください♪


http://kyoyasai.kyoto/



 


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください